ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

twitter

とうがらしの種類

ハラペーニョ

ハラペーニョ(Jalapeno)は、アメリカでポピュラーな品種で、メキシコ料理にも欠かせない辛いとうがらしの代表品種です。日本でも、海外原産のとうがらしとしては、ハバネロについで知名度のある品種ですが、市場ではまず見かけないと思います。

ハラペーニョは親指大ほどの濃い緑色のとうがらしで、果肉は厚く表面はつるつるで光沢があります。 ハラペーニョは生での使用や、ピクルスや酢漬けにしたりします。

とうがらしの辛さを示すスコヴィル値ではハラペーニョは約3500です。ハバネロや鷹の爪よりもスコヴィル値は低いものの、数値的にはタバスコソースよりも辛いです。

ハラペーニョの発祥の地はメキシコで、ベラクルス州のハラパに由来して名前がつけられました。

ハラペーニョは、赤く熟してから燻製にすると名前が変わり、チポトレと呼ばれるようになります。チポトレは乾燥状態や、缶詰で売られています。

ページTOPへ ▲